小顔になる方法で憧れの自分になろう!美しくなるための色々な施術法

小顔になる方法で憧れの自分になろう!美しくなるための色々な施術法

注射だけで顔痩せをする

ボディ

骨を削って土台から変える

美容外科では美しくなるための色々な施術法を受けられるので、それらを利用すれば顔を小さくすることができます。小顔になる方法には顔についた脂肪を取り除くというのもひとつの方法です。体についている脂肪よりも顔についている脂肪は取れにくいという特徴があるので、運動などでは簡単に脂肪を落とせません。そのような場合には美容外科で脂肪の分解を促進する薬剤を気になる部位に注入し、脂肪の量を減らすという施術が受けられます。この方法は注射をするだけの施術なので、入院などの必要がありませんし、料金も手ごろな価格になっています。脂肪を分解するというと時間がかかりそうなイメージがありますが、効果の出方が早く最短で翌日にはすっきりとしたフェイスラインを実感できます。効果を感じるまでの期間には個人差がありますが、薬剤には脂肪分解促進以外にも肌の引き締め効果やリンパ循環促進といった作用があるため、色々な働きかけで効果がわかりやすくなっています。他の施術では傷口が腫れることがあったり、傷みが出ることもあったりしますが、この小顔になる方法ではそういったデメリットがありません。副作用の心配もないので、多くの人に使ってもらえる施術法です。施術当日からメイクもできるので、クリニックの帰り道もいつもと同じようにメイクをした姿で帰宅できます。ダイエットのように食事を我慢したり、苦しい運動を続けたりする必要がなく、施術を受けるだけで効果が出るところが最大のメリットです。ダイエットのように無理をする必要がないのでリバウンドの心配もありません。美容外科を受診して小顔になる方法で最も大きな効果が期待できるのがエラを削る方法です。これは顔の輪郭を作っている骨格の骨を一部削ることで小顔になる方法です。骨を削って土台から変えるので、どんな人でもしっかりと効果を出せるでしょう。ただ、骨を削るためには手術が必要になりますが、クリニックによっては入院の必要がないところもあります。手術時間は2時間ほどで、全身麻酔で行います。意識もなくなるので、手術中の痛みは全く感じませんし、意識が戻った時には手術が終了しています。気をつけておかないといけないことはダウンタイムがあるということで、2〜4週間ほどは顔の腫れなどが残ることがあります。その期間中はマスクをするなど、顔の下部が隠れるようなものを使用すれば、簡単な仕事であれば行えるでしょう。人前に立つ仕事や、人と話をすることが多い仕事の場合には施術後に休みを長めにとっておくと安心です。しかし、手術の際にメスを入れる場所は、口の中から行う方法を採用していれば、顔の外側に傷が残ることはありません。口の中には傷ができますが、それは外見上気にならない程度です。またエラ削りを行う時には、同時に脂肪を除去することもできるというメリットがあります。骨だけを小さくしても、その周りにたくさん脂肪がついていては、小顔にすることができません。そのため、骨削る際には同時に不必要な脂肪も取り除き、理想のフェイスラインに近づけるようにします。このように切開をすると骨だけでなく脂肪の調整もできるため、完成度の高い仕上がりにすることが可能です。

顔に触れる女性

美しい輪郭を実現

小顔になる方法の中でも短時間で行えるものとして、ヒアルロン酸注入による美容整形が挙げられます。輪郭が気になる方やあご周りを引き締めたいという方から好評です。注入にかかる時間はわずか10分ほどなので、気軽に施術を受けやすくなっています。

顔に触れる女性

理想の小顔を作り出す方法

小顔になる方法には様々な種類があります。ボトックス注射、脂肪吸引、フェイスリフトなどが主な例です。生まれつきの骨格や筋肉、体質によって適切な方法は異なるため、自分に合った治療法を見つけるということが大切になります。

看護師

色々な小顔テク

注射やレーザー治療なども小顔整形術として知られますが、確実性があるという点で脂肪吸引を選ぶ人も多くいます。小顔になる方法の中でも効果が高く、やや費用が高いものの、グッと小さい顔になれるという魅力に惹かれる女性も多いようです。

Copyright© 2018 小顔になる方法で憧れの自分になろう!美しくなるための色々な施術法 All Rights Reserved.